個人での飲食店の利用について

若者のあいだでは、ひとりで飲食店に入ることができない人が最近は多いそうです。なかには個人で利用することは恥ずかしい行為であると思っている人もいるらしいです。

要は友達がいない、と思われることが嫌ということのようです。

自分とは真逆ですね。自分はひとりの方が気楽に入れます。仕事仲間や友人と食べると周囲へ何らかの気遣いが必要ですし、食べる速度も気にしないといけない気になります。あとは周囲の食べ方もちょっと気になります。テーブルがやけに汚くなる食べ方をする人がいると、内心ちょっとしんどくなります。注意したくなるときもありますが、注意するのって労力がいるんですよね。

その点ひとりだと気楽です。自分のペースで食べられますし、周囲を気にする必要もありません。ちなみに最近のお気に入りは個人経営の定食屋巡りですね。休日にあえて外へ行き、行ったことのない定食屋を適当に選んで入るのが趣味です。

団体で飲食店を利用すると、そこはコミュニケーションの場と化しますが、ひとりの場合はお客として食事を楽しむことができます。そこが魅力ですね。

あとひとりで利用していて気づきましたが、自分同様ひとりで利用している人って結構多いですよ。なので恥ずかしがる必要はないと思います。